Heatmap plugin

【PR】「審査が不安な方」は... → プロミスの無記名「3 秒診断」

審査が不安な方へのアドバイス

(6)過去に債務整理を行ったことがある場合

債務整理とは、借入れがかさみ、元本が減らない状態になった時に有効な手段です。
このような時には、無理に他社借入れで返済しようとせず、専門家の判断に従って行動したほうが得策な場合もあります。

「債務整理」には主に下記のような3つの方法があります。
・当事者同士(弁護士も含む)で話し合って、返済額や金利を減免してもらう「任意整理」
・裁判所に仲裁してもらい、返済額や金利を減免してもらう「特定調停」
・法的にすべての負債と財産を放棄させてもらう「自己破産」

では、これらの債務整理を過去に行ったことのある人は、新たな借入れができるのでしょうか?

答えはYes。

ただし、各金融機関が審査のために利用する「信用情報機関」には、このような債務整理に関する「事故情報(通称ブラック情報)」がしっかりと記録されているので、
「任意整理」と「特定調停」を行ったことのある人は、5年間、
「自己破産」を行ったことのある人は、7~10年間、その記録が消えることはありません。

つまり、その期間内は、借入れすることが、どうしても不可能です。
もし「それでも融資可能」というキャッシング会社があったら、まず間違いなくヤミ金融ですので、くれぐれもご注意ください。決して手を出してはなりません。


< 前の記事へ

(5)家族や職場にバレるのではないか不安…

最初へ戻る >