Heatmap plugin

【PR】「審査が不安な方」は... → プロミスの無記名「3 秒診断」

審査に通るか不安です…

消費者金融系のキャッシング会社などには、無記名で簡単に借入れ診断ができるシステムがあります。まずはそれを利用して「通りそうかどうか」をテストしてみることをおすすめいたします。 

本当の審査結果と必ずしも一致するわけではありませんが、簡易診断の設問にはない「特別な事情」がない限り、簡易診断でOKの場合、審査に通る確立はかなり高いです。

また、審査通過ギリギリの条件で不安な方の場合は「同日中に3社まで同時申込み」がオススメです。その理由は… →「審査通過・優先」で選ぶキャッシング会社一覧

申込み件数オーバーで審査に通らない場合は、「銀行系」「信販系」など、系統の違う会社への申込みですんなり通過することがあります。 →「低金利」で選ぶ会社一覧

▲  質問一覧へ

利息ってどれくらい?

貸金業法の改正により、金利(年利)20%以上の貸付は違法となりましたので、多くのキャッシング会社では、50万円以下の融資の場合18%程度の金利を設定しています。

金利18%で10万円を30日のご利用の場合、利息は1,479円となります。
計算式は、100,000(円)×18%÷365(日)×30(日)=1,479(円)

利息は日割り計算ですので、早く返済すればするほど「利息」は少なくてすみます。

▲  質問一覧へ

「即日融資」って、借りられるまでの時間はどのくらい?

キャッシング会社によって異なり、早いところでは「申込みから入金まで」の時間は45分~90分程度で融資を受けられます。(審査状況によっては翌日に繰り越すこともあります)
特に素早い対応の会社は… →「スピード重視(即日融資!)」 を参照してください。

※多くの情報サイトでは「今日借りれる」として「即日審査可能」のローン商品を紹介していますが、「即日審査可能」でも、「即日振込みサービス、または自動契約機」がなければ当日中の入金はできません!くれぐれもご注意ください。

▲  質問一覧へ

いちどに申込みしても大丈夫なワケは?

「同日中2社まで申込み」でも、1ヵ月以内に2社までの申込みなら、「申込みブラック」にはならないので、のちのちの審査で不利になることはありません。

もし2社に同時に申込みをして、どちらも自動審査(仮審査)に通過してしまった場合は「金利」や「限度額」など条件のよい1社に決めて、残り2社はキャンセルさせていただきましょう。(キャンセルした場合は「審査で否決されたこと」にはなりませんのでご安心ください)

また、自動審査(仮審査)に通過した段階でキャンセルをすれば、勤め先への「在籍確認」なども行われません。

▲  質問一覧へ

即日融資されるコツを教えて!

その日のうちに「どうしてもお金が必要」という場合には、

(1)必ず即日対応可能な会社を選ぶ →「スピード重視(即日融資!)」 を参照 
(2)免許証等、本人確認書類をきちんと準備
(3)申込みフォームへの記入は、訂正などが必要ないよう、正確に
(4)銀行振込可能な時間(14時半)までに手続き完了できるよう、朝イチで申込み
(5)勤め先への「在籍確認電話」が、スムーズにつながるよう考慮
(6)振込時間外でもお金(カード)を受け取れるよう、自動契約機の場所もチェック!
(7)審査不通過で時間をロスしないよう、同日中3社まで申込み

以上7つのポイントをしっかり押さえておくことが肝心です。 特に、「即日対応可能な会社を選ぶ」に関しては、巷の情報サイトなどではデタラメな情報が氾濫しているので要注意です。
※「即日審査」だけでは、本日中にお金を手にすることはできません!

「審査不通過で時間をロスしないよう、同日中3社まで申込み」の理由に関しては、
→「審査通過・優先」 のページをご参照ください。

▲  質問一覧へ

午後3時を過ぎたら、今日中に借りることはできないの?

いいえ、ご安心ください。 銀行振込み可能な午後3時を過ぎたあとのお申込みでも、当日中に借入れすることは可能です。

方法は2つ。
→アコム でしたら、20時までに当サイトから「申込み」をすれば、自動審査が受けられますので、審査通過後に「自動契約機」か「店舗」でカードを受け取り、その場(もしくはコンビニ等ATM)で借入れができます。
※もよりの自動契約機につきましては各会社の公式サイトでご確認くださいませ。

もうひとつの方法は、特定の銀行口座を持っている方に限られます。
→プロミス の場合、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、20時までに当サイトから「申込み」をすれば、審査通過後、24時間いつでも振り込んでもらえます。

→アコム の場合は、楽天銀行の口座を持っていれば、20時までに当サイトから「申込み」をすれば、審査通過後、24時間いつでも振込みキャッシング可能。

▲  質問一覧へ

審査に受かるところと落ちるところがあるのは、なぜ?

単純に、キャッシング会社各社で「審査基準」が違うからです。
そして「消費者金融系」「銀行」「信販会社」などによってもその基準は変わってきます。
さらに言うなら「最終判断する担当者」によっても、微妙なサジ加減は変わってくると言っていいでしょう。

ただし、「明らかに貸付不可な状況(収入200万円で、借入れ総額100万円など)」の場合、サジ加減で審査が変わることはありません。あくまでも「審査が微妙な場合」だけです。
この条件で貸してくれるところは「ヤミ金融」である可能性が高いので要注意です。

▲  質問一覧へ

多重債務者ですが、どこを選べばいい?

「借入件数」と「借入れ総額」によって変わってきます。

借入れ件数が3件以下、借入れ総額が年収の3ぶんの1以下だったら、 →「審査通過・優先」 のページの消費者金融系の公式サイトで、「借入れ診断」を行なってみて、それで借りられそうだったらぜひ申込みしてみてください。
そこでおもわしい結果が出なければ、「借入れの一本化(おまとめローン)を検討してみてください。
おまとめローンは即日融資が難しいですが、定期収入がしっかりあれば、5件の借入れをまとめることも不可能ではありません。
 

▲  質問一覧へ

審査で何を確認されますか? 必要な書類は?

「審査」には、自動審査(仮審査)と、本審査があります。
自動審査では、申込みページに記入された「他社借入れ状況」や「年齢や職業や収入」などの個人情報を、自動的に信用情報機関(データバンク)と照合して「貸し出せるかどうか」を判断し、本審査では、その個人情報が「本当かどうか」を判断して、最終決断します。
「確認作業」は、本審査のところで行われます。

念入りに確認されることは、「本人かどうか」「その職場に本当に在籍しているか」「その住処に住んでいるか」「電話は通じるか」です。

そのため、申込みフォームに記載された電話番号に先方から電話をかけてきて、いろいろと質問をされます。「その職場に本当に在籍しているか」については、(会社名は名乗らず個人名などで)実際に職場に電話してきて、「○○さんいらっしゃいますか?」などと確認をとります。

借入れに必要な書類は、「免許証」「健康保険証」「パスポート」のいずれか1つ(3つ揃えばベター)。それだけです。

ただし、100万円以上の借入れを希望される方、自営業の方の借入れに関しては、「収入を証明できるもの」が必要になります。「給料明細書」や「源泉徴収書」。また自営業の方なら「納税証明書」などを提出することになります。

▲  質問一覧へ

なぜ保証人、収入証明書がいらないの?

当サイトでご紹介しているローン商品は、基本的に「使いみち自由なフリーローン(カードローン)」ですから、莫大な金額でないこともあり、保証人のかわりに「保証会社」がかわりに保証してくれます。(返済しなくていいというわけではありません)

収入証明書がいらない理由も同様ですが、ただし、100万円以上の借入れを希望される方(消費者金融系の場合50万円または借入れ総額100万円超)、自営業の方の借入れに関しては、収入証明書が必要です。「給料明細書」や「源泉徴収書」。また自営業の方なら「納税証明書」などを提出することになります。

▲  質問一覧へ

失業中です。キャッシングできますか?

どのキャッシング会社でも同様ですが、フリーローンの融資対象となるのは20歳~69歳までの「定期的に安定した収入のある方」ですので、失業中のキャッシングはできません。

失業中の方がキャッシングされるには、アルバイト・パートタイムで働くか、派遣社員登録をする必要があります。

▲  質問一覧へ

専業主婦です。お金借りれますか?

はい。借りられます。

ただし、2010年6月の貸金業法の改正以降、「消費者金融」「信販会社」などでは、収入のない専業主婦は原則としてお金を借りられなくなりましたので、借入できるところは極端に制限されます。

▲  質問一覧へ